井乃猫ブログ

井の中の猫、大海を知りたい。

Apple SiliconなMacでcolimaでkubernetes環境を立ち上げた

はじめに

MacKubernetes環境を作るための王道はDocker Desktop for Macでしょう。 ただ、現時点で自分のMacBook Proではうまく動かなかったので他の手段を模索していました。 colimaという環境があるので、そこにKubernetes環境を立ち上げてみます。

動作環境

colimaのインストール

homebrewが導入済みであれば、以下のコマンドでインストールできる。

% brew install colima

docker関連ツールのインストール

docker関連ツールもインストールしておきます。

% brew install docker docker-compose

VMの起動

コマンド一発でできます。

% colima start

立ち上がるまでしばらく時間がかかります。

dockerコマンドを実行

colimaのVMが立ち上がったら、dockerコマンドを実行してみます。 以下のコマンドが正常実行されたらcolimaのVMの立ち上げが成功です。

% docker info

次にコンテナが実行できるか試してみます。 以下のコマンドを実行して、hello worldが表示されたら成功です。

% docker run hello-world

一旦VMを削除

一旦VMを削除します。 削除する際は、必要なデータを保管しておいてください。

% colima delete

kubernetes関連ツールのインストール

kubernetes関連ツールをインストールします。

% brew install kubectl

kubernetesを有効にしてVMを立ち上げる

kubernetesを有効にして、colimaでVMを立ち上げます。

% colima start --kubernetes

kubectlコマンドを実行

VMが立ち上がったら、kubectlコマンドを実行してみます。

バージョンを表示してみます。

% kubectl version

クラスタの情報を表示します。

% kubectl cluster-info

ノード情報を表示します。

% kubectl get nodes

最後に

colimaで簡単にkubernetes環境を立ち上げることができました。

参考情報

developers.freee.co.jp

github.com

zenn.dev

dev.classmethod.jp

GitHub CLIを使う

はじめに

GitHubを扱うためのGitHub CLIについてまとめておく。

動作環境

インストール

GitHub CLIのページを参照。 github.com

macOSにhomebrewを導入していれば、以下のコマンドでインストールできる。

% brew install gh

認証

以下のコマンドで認証しておく。 いくつか選択肢があるので、自分の環境に合わせて選択する。

% gh auth login

ステータスを表示

認証ができると、ghコマンドを介してGitHubを操作することができます。 試しにステータスを表示してみます。

% gh status

リポジトリ一覧

リポジトリ一覧を表示するコマンドは以下。

% gh repo list

ghコマンドのヘルプ

ghコマンドを引数なしで実行すれば、ghコマンドのサブコマンド一覧が表示される。

% gh

最後に

GitHubを使うときはWebとgitコマンドからしか使ったことがなかったので、GitHub CLIにも慣れたい。

5年後の自分について

現時点で考えている5年後に達成したいことを列挙しておく。

  • Staff Software Engineerになる
  • 自分で仕事を興す
  • 年収を5倍にする
  • 英語で仕事ができる
  • 好きな場所で暮らせる

達成すべきことがやりたいことなのか、本当に手に入れたいものなのか、どうやってやるのか、実現可能なのかはひとまず置いておく。

入社1ヶ月がたった

はじめに

転職して1ヶ月が経ちました。 入社1ヶ月が経ったので、現時点での記録を残しておきます。

やったこと

  • 全社のオンボーディング
  • 業務関連のオンボーディング
  • 打ち合わせやイベントに参加

感じたこと

  • 上司、メンター、同僚、そして社内の人が優秀な人が多い
    • 頭の回転が速い、仕事が効率的かつ速い、スキルが高い
  • 自分のスキルがミスマッチである
    • 自分が持っているスキルが使えない、古い、レベルが低い
    • 同僚が当然にやっていることができない
  • 若い人が多い
    • 上司、メンター、同僚は年下
    • 今まで自分は何をやってきたんだ感がある

これからやること

  • 業務に必要な基礎スキルを習得する
    • 短期に集中しつつ、中長期視点も持つ
  • タスクを実行できるようになる
    • タスクを通して、チームに貢献する
  • インプットとアウトプットの量を増やす
    • ブログ、コード、勉強会、など

最後に

35歳になって、入社1年目の新人になった気分。 でも、周りからは35歳のベテランに見られているという理想と現実のギャップ。 そのギャップを埋め、そして期待以上の成果を上げるためにスキルアップに全力投球する。

「エンジニアのためのマネジメントキャリアパス」を読んだ

はじめに

エンジニアのためのマネジメントキャリアパスを読んだ。

学んだこと

どこに活かすか

最後に

以前から読みたかった本書。 もっと早くに出会っていれば、キャリアアップのために早めに行動することができただろう。 後悔しても仕方がないので、これからの人生を豊かにするためにも、本書で学んだことを活かしたい。